2015年

2月

03日

イレギュラーな休日と日吉

マニュアル通りに鳴り響いたアラームを止め、二度寝を決め込んだ朝。
今日が休みであることを忘れて少し慌て気味で上体を起こしたのは9時半のこと。

夜からは日吉にてプリプロがあるのでそれまで何をしようかと、今ではクローゼット兼喫煙所になってしまった本来の役割を今後果たすことの無い一般的にはキッチンと呼ばれる場所で貰い物の煙草をプカプカと燻らせる。

とりあえず部屋の換気をし、洗濯物を狂ったように回し、風呂にて身を清める。

年末から放ったらかしにしていた新曲の歌詞を書こうと思い立ち筆を取るも、何一つ良いフレーズが出てこない。

と言うより巧く頭を回せない感じ。
アーティストの皆様はよく、言葉が降りてくる、などと実話だったら非常に羨ましいことを仰っているが俺はそういう感覚になったことは一度もない。

たまには色恋沙汰でも書いてみようかと思い、ざっくりワンコーラス分の言葉を嵌め込んではみたが、スゴくわざとらしい表現な上に最終的には下ネタになっており、怒涛の勢いでデリートしていたら時刻は17時を回っていた。
慣れないことはするもんじゃないね。

仕事に行くよりはマシだけど、急に休みになっても何していいか分からない。

バンドのこと以外は、というかバンドの事ですら切羽詰らないと予定を自分から決めたりするようなタイプではないし、俺の人生は基本的に受け身というか、自分から何かを決めて行動するということが得意じゃない。
よくよく思い返してみると、飲みに行く時も自分から誰かを誘って、というのも極々稀にはあるが、大概は誰かに声を掛けてもらって行く場合が多い。
まぁ誘われたら先約があったり二日酔いの時以外は必ず行くけど、ベースは常に受け身だ。
ちなみに二日酔いの時は例え長澤まさみに誘われても行かない。
いや、それは行くかもしれない。
いや、行く。

とか、そんな下らない自己分析をしてしまうくらい暇な休日。
自分から行動を起こさないくせに、今日は家でのんびり、みたいなこともあまり好きじゃなかったりするからタチが悪い。
でも性格なんて今更変わりゃしない。
どうしたもんかね。

そんなどうでもいいことを考えていたら中々にイイ感じの時間になり、日吉へ向け家を出る。
プリプロがあるのが分かってるんだから色々とそれに纏わる準備をすればいいのに、とか自分でも思ってしまうが、時間が空くとどうでもいいことばかりに思考を巡らせてしまう。
俺のバカ。

プリプロは色々な事が見えてきて、とても勉強になった。

帰りの電車の中で吉岡君とも話したが、やはり鉄平さんはスゲー、という。

俺たち的には聴き慣れている曲が、また別の表情を見せた。

やはり鉄平さんはスゲー、だ。

なんかプリプロ終わりのこのテンションで一人になるのは嫌だなと思い、家を通り越して三茶に来てしまうという救いようのない奇行。

それにしても金が無いな。毎月。
何故だ。