スラムな町田とモダンな北参道

先週末と今週頭にライブがあった。
先週末は町田というガラの悪い街で。
ぼんじりというバンドの企画で、様々なタイプのバンドが出ていた。
ぼんじりが最初のMCで対バンの誰かに煽られて「白レバーです」と言っていた。
なんかそういう感じ最高につまらねーなと思った。
ライブハウスの周年も絡めたイベントだけあって町田感というか地元愛みたいなものは十分に感じられて、俯瞰で見れば総じてとても素敵なイベントだったと思う。
俺達は本当たまにしか無い編成で、ロックバンドのようなライブをした。
なんというか、やはり意識の統一というのは難しいなと。
「自由」と「勝手」は違う。
まぁ今回ミオウさんに求めたのは「勝手」の部分なので、そこは100点。
だがバンドとして反省すべき点は山のようにある。
自分の力不足を痛感するね、こういう日は。

人が増えれば増えるほど難易度は上がる。
こんなことを5年近くもやっていたのか、彼は。
そら殺し屋みたいな目になるわ。
あ、今は穏やかだけどね。

ただ、吉岡君がサポートで入ってくれたのはとてもプラスになっている。
彼だけは俺のイメージをなんとなく毎回汲み取ってくれている気がする。
そこは救いだね。

そして打ち上げではNZMくんとミオウさんが完璧な酩酊状態になり、終始陽気で楽しそうだった。
それはそれで素敵なことだ。

一日休んでまたライブ。
なんかね、疲れるね。この歳になると。
一日空いても、疲れる。
こちらはhono-bonoというデュオの企画で、場所は北参道ストロボカフェ。
初めて行ったけどスゴイね。お洒落で。
今更お洒落なバイヴスとか出せないからいつも通り淡々とやった。
何故か評判は上々で音源を求める声を幾つか頂いたのだが、そんなもんは持って来てないので一蹴した。
ライブペイントやら展示やら装飾やら色々な趣向が凝らされていて、学園祭みたいだった。
高校時代は学園祭当日も朝から柔道の練習に明け暮れていたので懐かしさは無かったが、ああいった雰囲気は学生の時分に経験したかったなと思った。

両日共にまあまあ飲んだのだが二日酔いにはならずに、休み明けの本日も脳内は案外クリアな状態を保てている。
毎回これなら非常に幸せな人生を送っていけるに違いない。

今月はまだまだライブが止まらない。
今週木曜日は三軒茶屋。
日曜日はwonderwanderとは別件で日吉。
しかも、なんの因果かまたしてもhono-bonoと一緒という。2週連続はちょっとくどいな。
と言うより、日曜日は初めましてが1人もいない。
楽しみだ。
楽しみだが、歌詞が出来ていない。
まぁ当日までにはちゃんと出来ちゃうんだけどね。いつも。

とりあえずは24日、木曜日。
三軒茶屋で会おう。